コパトーンのサンオイルでムダな紫外線をカット!綺麗に肌を焼きたい人にオススメの一品

夏は外で活動していると、あっという間に日焼けします。

僕は元々色白なのですが、夏はこんがり小麦色に焼けていたいと思っているタイプの人間です。

そのため、人生で初めてサンオイルというものを購入してみました。

実際に使用してみたところ、予想以上に良かったのでレビューしていこうと思います。

※今回購入したのはオイルフリーの商品なので正確にはサンオイルではないのですが、この記事では分かりやすくサンオイルで統一していきます。

購入したのは「コパトーン ゴールデンタン オイルフリー ローション」

僕はこれまで、日焼け止めを塗ったことはほとんどありません。

先述しましたが、色白よりこんがり焼けていたい派だからです。

ですが、日焼け止めを塗らない状態で

  • バーベキュー
  • プール
  • 海水浴

などの、夏ならではの屋外イベントで一日中外にいると、日焼けでめちゃくちゃ皮膚が痛くなります。

この痛さも日焼けしてる証拠や!ありがてぇ!
なんて自分に言い聞かせてきましたが、やっぱり痛いもんは痛い。
おまけに皮はむけるし、むけたところはなぜかちょっと白くなってムラになってしまう・・なんてこともしょっちゅうでした。
そんな悩みを解決したくて購入したのがコチラ。
コパトーンオイルフリーローション

「コパトーン ゴールデンタン オイルフリー ローション」です。

裏面
  • 紫外線を適度にカットしながら、皮むけ・ムラが少ない日焼けをつくる
  • オイルを含まないのでべたつかない
  • 汗や水に強いウォータープルーフ
  • 香り控えめの微香性

商品の特徴はこんな感じ。ちょっと、完璧じゃないすか!!

まさに僕が求めていたサンオイルです。

さっそく使用感を述べていきます。

塗った感じは伸びが非常に良い

中身はこんな感じ。

乳液タイプと書いてありましたが、若干弾力性があります。

まるで、小学生のときに誰もが使っていた”あの白い液状のり”みたいです。

出したところ

二十代独身男性の腕毛をアップで載せてしまって申し訳ありません。

僕としても、好きでやっているわけではないので勘弁してやってください。

広げた感じ

塗り広げてみると水分が結構多く、スルーっと肌になじんでいくのが分かります。

塗り終わった後

完全に塗り広げてみました。

白くなったり、ベタつきやテカったりすることもないので塗り心地は最高。

見た目では全く分からないうえに、謎の爽快感すら感じます。

先ほどの量で二の腕あたりまで塗ることができたため、伸びはかなり良いです。

香りはほのかに香る程度ですが、日焼け止めみたいな化粧品っぽい香りがします。個人的には嫌いじゃないにおい。

しっかり焼けたのに、ほとんど痛くならなかった

先日、このサンオイルを体に塗くって、晴れた日に10時〜17時くらいまで屋外でBBQをしました。上半身裸で。

途中水を浴びたりしたので、ウォータープルーフですが念のため3・4回塗り直しましたが、結論から言うと非常に効果がありました。

こんがりと肌は焼けたのにヒリヒリ感がほとんどなく、後日皮がむけてムラになるということもなかったです。

しかし、塗り直しをしていなかった背中や腰回りは少し赤くなり、若干ヒリヒリ感が。

ですが、全く塗っていなかったときよりも症状は軽かったです。

やはり長時間屋外で活動する場合、適度な塗り直しは必須のように感じます。

悪い点:背中が非常に塗りにくい

乳液タイプのため、背中が非常に塗りにくいです。

僕はその場にいた友人に塗りたくってもらいましたが、さすがに一人で背中全体に塗るの厳しそう。

どうしても一人でしか塗れないよって人は、同じメーカーからスプレータイプも発売されているので、そちらを試してみるのが良いかと。

まとめ:肌を焼きたい人は絶対持っておいたほうがいい

サンオイルをまだ使ったことがなくて、「日焼けはしたいけど日焼け後のヒリヒリ感と皮むけが辛い」って思ってる人、絶対に試してみたほうがいいです。

個人的には、今後コレ無しで長時間外に行くことが考えられないくらいに効果を感じました。

日焼け自体肌に良くないことと言ったらそれまでですが、できるだけムダな紫外線はカットして夏を最大限に楽しもうぜって話でした。